脂質異常症の予防に効果的な運動方法や注意点についてまとめてみました

脂質異常症の方におすすめのサプリメント比較ランキング2018
花菜のDHA・EPA きらしずく 花菜のDHA・EPA きらしずく

亜麻仁油も配合しαリノレン酸も摂取可能。健康・美容に効果が期待できます。

きなり
おすすめ
きなり

モンドセレクション最高金賞受賞。DHA・EPA、ナットウキナーゼなど栄養素を豊富に配合。

DHA&EPA+セサミンEX DHA&EPA+セサミンEX

容医療業界で30年以上の実績を持つ先駆け的存在。

脂質異常症は運動不足が原因?

脂質異常症を改善するための運動

脂質異常症の改善方法としては運動、食事、薬物などの療法があります。運動で脂質異常症を改善するには、週3日以上、30分以上、心拍数が100から120/分になる強度の有酸素運動が必要とされています。

脂質異常症を改善するための運動

おすすめの有酸素運動としては早歩きでのウォーキングやジョギング、水泳などの全身を使って動く有酸素運動が良いとされていますが、運動によって心筋梗塞などの可能性がないか医師の判断を仰いでから行いましょう。

定期的に運動する習慣を身に付けることで、血中コレステロールの分解を促進させ、善玉コレステロールの値を増やしてくれるようになります。

運動習慣が身に付くと以前よりも食事の量が増えてしまいがちなので、野菜やキノコなどの食物繊維が多い品目を含めてバランス良い食事を摂取することでより効果的に改善することができます。

運動と脂質異常症

欧米化した食事と、デスクワークなどが増えたため、脂質異常症になる人も増えてきている現代社会。早歩きのウォーキングやジョギングなどを週3回以上・30分以上、心拍数が100~120/分程度になる運動を行うことをおすすめしました。

運動と脂質異常症

実際に週3日〜ほぼ毎日、上記のような運動を6ヶ月続けた場合、悪玉(LDL)コレステロールを2〜3mg/dL程度低下させることができます。しかし数mgの改善になるため、脂質異常症から抜け出すような状況の改善にはつながりません。脂質異常症から抜け出すための改善として行うのであれば運動だけでなく、食事療法も併用することがとても大切です。

運動と食事療法を同時期に行う場合は1年で悪玉(LDL)コレステロールを10〜12mg/dL程度、低下できると言われています。これであれば食事と運動の相乗効果を生むことができ、生活習慣自体の改善に繋がっていくためぜひ身につけたい治療法ですね。

継続性と運動の負荷

先ほどご紹介した通り半年〜1年経たなければ、脂質異常症の改善が図れたと言う結果が出ません。食事や運動を生活習慣として根付かせるためにも継続的に行うことが必要になります。

それには安全に運動を行うこと、生活の中に取り入れやすいことがとても大切です。

安全に運動を行うために

怪我をしてしまうことで運動は継続できない状態になると、活動範囲が狭まり、体を動かさなくなることでより一層症状が悪化する可能性があります。怪我をしないためにも、普段使っていない筋肉を効果的に使える状態にするためにも、ウォーミングアップとクールダウンをしっかり行うようにしましょう。

継続性と運動の負荷

生活の中に取り入れやすいこと

忙しい生活の中で新たに運動の機会を作るのは非常に難しいため、通勤で一駅前から歩く、エレベーターではなく階段を使うなどで運動療法と同じ効果を得るようにするのがおすすめです。

ページのトップへ

コンテンツ一覧