青魚などに多く含まれるDHAやEPAの効果や摂り方などまとめました

脂質異常症の方におすすめのサプリメント比較ランキング2018
花菜のDHA・EPA きらしずく 花菜のDHA・EPA きらしずく

亜麻仁油も配合しαリノレン酸も摂取可能。健康・美容に効果が期待できます。

きなり
おすすめ
きなり

モンドセレクション最高金賞受賞。DHA・EPA、ナットウキナーゼなど栄養素を豊富に配合。

DHA&EPA+セサミンEX DHA&EPA+セサミンEX

容医療業界で30年以上の実績を持つ先駆け的存在。

血液をサラサラにする食べ物とは?オススメ3選をご紹介!

血液がサラサラでないと血栓ができやすく、脳梗塞や心筋梗塞など重大な病気を引き起こしかねません。ただ、ドロドロになるには様々な要因が考えられるので、様々な面からアプローチする必要があります。

ここでは食事の面から血液をサラサラにできるものをご紹介します。

血液をサラサラにする食べ物3選

サンマ・アジなどの青魚

サンマ・アジなどの青魚

サンマ・アジなどの青魚に豊富に含まれるDHA・EPAは悪玉コレステロール(LDL)を抑える効果があります。

そもそもなぜ悪玉コレステロールが悪いのかというと、血管壁に蓄積して血液がつまりやすい状態を引き起こしてしまうから。善玉コレステロール(HDL)はそうならないために余計なコレステロールを体外に排出するために肝臓へ運びますが、悪玉コレステロールが多くなると対処しきれなくなります。

DHA・EPA自体に善玉コレステロールを増やす効果は確認できていませんが、悪玉コレステロールを抑えることで相対的に善玉コレステロールを増やすことにつながります。血液をサラサラにするなら積極的に摂取したい成分ですね。

納豆

納豆

納豆には、ナットウキナーゼという納豆にのみ含まれる酵素が含まれています。
このナットウキナーゼには血液の流れを滞らせる原因となる血栓を溶解する効果があり、サラサラな血液に導きます。
食事で血栓を溶かせるのは今のところナットウキナーゼだけといわれているので、血栓ができやすいといわれる40代を過ぎたら納豆を積極的に食べるようにしましょう。

※ナットウキナーゼは熱に弱いのでできるだけ納豆をそのまま食べるようにしましょう。

ニンニク・ネギ・タマネギ

アリシンはニンニク、ネギ、タマネギなどに含まれる香気成分で、血栓ができにくくなる効果があります。
さらにコレステロールの抑制も期待でき、血管を拡張し血の流れを改善してくれるので血液をサラサラにしてくれます。

このアリシンは水溶性のため、長時間水にさらしてはいけません。
また火にも弱いのですが、切ったり刻んだりして空気に触れることで火にも強くなる性質があります。
油と一緒に加熱することでより火への耐性ができるので、炒め物などにもオススメです。

どれもニガテならサプリも視野に

血液をサラサラにする3つの食べ物をご紹介しましたが、青魚、納豆、ニンニク、とどれも強烈なニオイがありニガテな人も多いと思います。
そんな方にはサプリがオススメ。ニオイを気にせず効率的に血液をサラサラに導きます。

どれもニガテならサプリも視野に

ただ、低品質なサプリだとニオイを消しきれていないものがあります。
なのでわたしは、堂々とニオイがない!と謳っていて、口コミでもニオイがないと評判の「きなり」をオススメしています。ぜひ参考にしてくださいね。

ページのトップへ

コンテンツ一覧