脂質異常とメタボの違いや、生活習慣病について調べまとめました

脂質異常症の方におすすめのサプリメント比較ランキング2018
花菜のDHA・EPA きらしずく 花菜のDHA・EPA きらしずく

亜麻仁油も配合しαリノレン酸も摂取可能。健康・美容に効果が期待できます。

きなり
おすすめ
きなり

モンドセレクション最高金賞受賞。DHA・EPA、ナットウキナーゼなど栄養素を豊富に配合。

DHA&EPA+セサミンEX DHA&EPA+セサミンEX

容医療業界で30年以上の実績を持つ先駆け的存在。

血液をサラサラにする食べ物とは?オススメ3選をご紹介!

メタボリックシンドロームについて

最近特保の脂肪の吸収を抑えるお茶などが発売されるようになってから、メタボリックシンドロームを予防する意識が高まってきました。メタボリックシンドロームと言う言葉はよく聞くようになりましたが、どういう状態を指すか、説明できる人は少ないのではないでしょうか。

メタボリックシンドロームとは肥満、高血圧、高血糖、脂質代謝異常などのリスクファクターを併せ持った状態を指します。以前から生活習慣病として広く知られていますよね。

メタボリックシンドロームについて

脂質異常症で肥満の方は高血圧、糖尿病などの病気を併発し、健康状態が悪化する可能性が高くなります。メタボになると、動脈硬化を促進し、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクが10〜30倍と非常に高くなってしまうのです。これを放置してしまうのはとても危険です。

一刻も早く肥満から脱出し、健康な状態に戻れるように生活を切り替えましょう。

メタボと脂質異常症

メタボは内臓脂肪が蓄積することによって肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症という病気を併発している症候群のことを指します。メタボと脂質異常症は親子のような関係と言えます。メタボの診断基準の下記4点を見れば明らかです。2.の基準は脂質異常症を表しているのがわかりますね。

  1. ウエストサイズが男性85センチ以上女性が90センチ以上(内臓脂肪の蓄積)
  2. 中性脂肪値が150mg/dL以上、HDLコレステロール値40mg/dL未満(脂質異常症)のいずれか、または両方
  3. 最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上(高血圧)のいずれか、または両方
  4. 空腹時の血糖値が110mg/dL以上(高血糖)

糖尿病などのリスクファクターと言われる高血糖。血液の中にブドウ糖がたくさんある状態を指します。

脂質異常症と生活習慣病

このように見ていくと脂質異常症は生活習慣病の始まりとなる、重大な病気へのスタートと言えますね。

脂肪分の多い食事やアルコールの飲み過ぎ、運動不足などが原因となり、血中のLDL(悪玉)コレステロール値が増え、脂質異常症を引き起こします。その後さらに内臓脂肪が蓄積されていき、肥満が脂質異常症にプラスされメタボリックシンドロームになります。

脂質異常症と生活習慣病

血中のLDL(悪玉)コレステロールが過剰な状態になると、血管壁に入り込んでいきます。血管壁が厚くなることで血管の中が狭くなり、血圧が上昇していって高血圧を引き起こすことや、インシュリンがうまく働かず、血糖値が下げられない状態になって糖尿病を併発することも考えられます。

脂質異常症や肥満などの他の病気を引き起こすリスクファクターを元から改善することで、生活習慣病に含まれる他の病気を併発させない健康的な体に近づくことができますよ。

ページのトップへ

コンテンツ一覧