脂質異常症の兆候となりやすい人の特徴について詳しく調べまとめました

脂質異常症の方におすすめのサプリメント比較ランキング2018
花菜のDHA・EPA きらしずく 花菜のDHA・EPA きらしずく

亜麻仁油も配合しαリノレン酸も摂取可能。健康・美容に効果が期待できます。

きなり
おすすめ
きなり

モンドセレクション最高金賞受賞。DHA・EPA、ナットウキナーゼなど栄養素を豊富に配合。

DHA&EPA+セサミンEX DHA&EPA+セサミンEX

容医療業界で30年以上の実績を持つ先駆け的存在。

脂質異常症は自覚症状がないから怖い!こんな人は要注意?

脂質異常症の症状とは

脂質異常症の自覚症状はほとんどなく、じわじわと進行していきます。
症状が出ないため(※)気付くのが遅れやすいのですが、放っておくと動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、そして最悪の場合死につながる可能性もあります。

その理由は以下の通りです。

  1. 増えすぎた悪玉コレステロール(LDL)が血管壁に蓄積する
  2. コブのようになったかたまりが血流によって剥がされ、流れていく
  3. それが血栓となり血管を詰まらせ、様々な重大な症状を引き起こす

そんな恐ろしい可能性を秘めた脂質異常症ですが、厚生労働省「平成26年患者調査の概況 」によると、総患者数は206万2,000人、つまり約6人に1人が(無自覚のうちに)脂質異常症になっている可能性があります。
約6人に1人というのは、脂質異常症になりにくい赤ちゃんまで含めた総人口から計算しているので、40代以上など年齢を絞るとさらに割合は高くなることが考えられます。

脂質異常症の症状とは

※遺伝性の「家族性高コレステロール血症」の場合は、脂肪のかたまりがアキレス腱など手足の腱にできる黄色腫や、黒目のふちに沿って白い輪が沈着する角膜輪などの症状が見られることもあります。

脂質異常症になりやすい人

  • タバコを吸う人
  • お酒を飲む量が多い人
  • 甘いものが好きな人
  • 運動不足の人
  • 太り気味の人
  • お腹いっぱいになるまで食べる人

上記に当てはまる人は注意が必要です。自覚症状がないため気付きにくい病気ですが、定期的な検査をすることで異常に気付きやすくなります。

異常の有無を判断する基準は以下の通りです。

  1. 低HDLコレステロール血症 HDL(善玉)コレステロールが40mg/dL未満の状態
  2. 高LDLコレステロール血症 LDL(悪玉)コレステロールが140mg/dL以上の状態
  3. 高中性脂肪血症 トリグリセリド(中性脂肪)が150mg/dl以上の状態

参照:脂質異常症にはコレステロールのコントロールが重要

脂質異常症は症状が出ないから安心、というわけではありません。
健康診断の結果を軽視せず、食生活や生活習慣を見直すことからはじめてみてくださいね。

ページのトップへ

コンテンツ一覧