脂質異常症と関係の深いコレステロールについてまとめてみました

脂質異常症の方におすすめのサプリメント比較ランキング2018
花菜のDHA・EPA きらしずく 花菜のDHA・EPA きらしずく

亜麻仁油も配合しαリノレン酸も摂取可能。健康・美容に効果が期待できます。

きなり
おすすめ
きなり

モンドセレクション最高金賞受賞。DHA・EPA、ナットウキナーゼなど栄養素を豊富に配合。

DHA&EPA+セサミンEX DHA&EPA+セサミンEX

容医療業界で30年以上の実績を持つ先駆け的存在。

脂質異常症にはコレステロールのコントロールが重要

コレステロール血症と高中性脂肪血症

下記3つのどれかに当てはまる場合、脂質異常症という病気と診断されます。

  • 低HDLコレステロール血症 HDL(善玉)コレステロールが40mg/dL未満の状態
  • 高LDLコレステロール血症 LDL(悪玉)コレステロールが140mg/dL以上の状態
  • 高中性脂肪血症 トリグリセリド(中性脂肪)が150mg/dl以上の状態

低HDLコレステロール血症は遺伝的に親から受け継いで生まれたときから低いという場合もあれば、生活習慣によってこの状態になる人も存在します。HDL(善玉)コレステロールが少なくなってしまうと、血中に余分なコレステロールが存在している状態になります。

コレステロール血症と高中性脂肪血症

高LDLコレステロール血症は脂質の多い食事や食べ過ぎによる慢性的なカロリー過多状態、高中性脂肪血症はアルコールの摂り過ぎなどの生活習慣が問題となり引き起こされることが多いです。

脂質異常症に関係の深いLDLコレステロールとHDLコレステロールの働き

脂質異常症の基準については先ほどご説明した通りですが、脂質異常症の原因となる、HDLコレステロールとLDLコレステロール、それぞれの働きについてご説明します。コレステロール自体はリポたんぱくという物質に包まれており、血中には溶け込まずに血中に浮遊しているような状態です。

脂質異常症に関係の深いLDLコレステロールとHDLコレステロールの働き

HDL(善玉)コレステロールはこの浮遊している余分なコレステロールを肝臓に送り体外に排出させる働きがあります。反対にその余分なコレステロールを体のすみずみに運び、血管の中を不健康な状態にしていってしまう働きを持っているのがLDL(悪玉)コレステロールです。

血液が流れにくく詰まりやすい状態を引き起こし、血管が詰まり、破れ、血栓ができることを繰り返していき、心臓に近い所でそれが起こると、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)を発症する危険性が急激に上昇します。

ページのトップへ

コンテンツ一覧