脂質異常症の診断基準や症状、リスクなどまとめました

脂質異常症の方におすすめのサプリメント比較ランキング2018
花菜のDHA・EPA きらしずく 花菜のDHA・EPA きらしずく

亜麻仁油も配合しαリノレン酸も摂取可能。健康・美容に効果が期待できます。

きなり
おすすめ
きなり

モンドセレクション最高金賞受賞。DHA・EPA、ナットウキナーゼなど栄養素を豊富に配合。

DHA&EPA+セサミンEX DHA&EPA+セサミンEX

容医療業界で30年以上の実績を持つ先駆け的存在。

脂質異常症と診断されたら?脂質異常症の原因と症状

脂質異常症(高脂血症)について

脂質異常症の原因と症状をご説明します。

脂質異常症は食生活が直接的な原因と言われていて、基本的に高カロリーと言われている食品、肉・乳製品などの動物性脂肪や、鶏卵・魚卵・レバーなどのコレステロールを多く含む食品を頻繁に食べること、そして慢性的な食べ過ぎ・飲み過ぎによる過剰カロリー摂取です。アルコールを飲み過ぎると、中性脂肪を増やしやすいという特徴があるので注意してください。

それ以外ではストレス喫煙が原因とされています。ストレスを感じると、血中のコレステロールが増加、喫煙すると、LDL(悪玉)コレステロール、中性脂肪が増加、そしてHDL(善玉)コレステロールが減少します。

脂質異常症の原因

脂質異常症は病気ですが自覚症状は特に何もありません。食べ過ぎや飲み過ぎで増えてしまった脂質が代謝しきれず、血液の中に異常に脂質が多い状態になっているというだけです。健康診断などで気づいたとしても自覚症状がないため重く受け止める人が少ないです。そのまま生活を改善せず放置してしまう人が多い病気でもあるのです。

診断基準について

脂質異常症の診断基準はLDL(悪玉)コレステロール値が140mg/dl以上、HDL(善玉)コレステロール値が40mg/dl未満、トリグリセライド(中性脂肪)値が150mg/dl以上と定められています。

以前はLDL(悪玉)、HDL(善玉)を合計した総コレステロール値で判断をしていましたが、HDL(善玉)コレステロールが多かった場合でも脂質異常症と診断されてしまうため、新たに定められました。

診断基準について

LDL(悪玉)コレステロール値に危険因子と呼ばれる(年齢:男性45歳以上・女性55歳以上、家族の病歴、喫煙習慣、高血圧、糖尿病)が当てはまる場合管理目標値が設定され、より厳しい基準で数値を管理します。

心筋梗塞や狭心症等にかかったことがある場合LDL(悪玉)コレステロール値が100mg/dl未満、糖尿病や脳梗塞閉塞性動脈硬化症がある場合は120mg/dl未満という具合です。

動脈硬化について

脂質異常症は動脈硬化のリスクを高める『病気』です。放置すればその内高い確率で動脈硬化を引き起こす原因となります。動脈硬化とはその字の通り、動脈が柔軟性を失い破れやすくなること。

脂質異常症のによる疾患

血液中にLDL(悪玉)コレステロールが増えると血管壁の中にどんどん溜まっていきます。血管壁が膨れて血管にこぶができたような状態になり、血管がどんどん狭くなって血液が流れにくくなります。こぶが破れると血栓となります。血栓ができてしまえば血管が詰まり、ついには動脈硬化を起こすようになってしまいます。

日本人の死亡原因の第2位心疾患、第4位の脳血管疾患を引き起こす動脈硬化が脂質異常症の放置によって引き起こされてしまうのです。

ページのトップへ

コンテンツ一覧